認知症によって物事を判断することができなくなってしまった方は、遺産分割協議に自分だけで参加することができません。 このようなときは、認知症の人に代わって遺産分割協議に参加する人を家庭裁判所に選んでもらうことになります。これを成年後見人の選任といいます。