「相続」の記事一覧

認知症の相続人がいるとき

成年後見 相続

認知症によって物事を判断することができなくなってしまった方は、遺産分割協議に自分だけで参加することができません。 このようなときは、認知症の人に代わって遺産分割協議に参加する人を家庭裁判所に選んでもらうことになります。これを成年後見人の選任といいます。

借地権を相続したとき

相続

親から自宅を相続したが、底地の所有者は地主さんだった。というようなケースがあります。このようなケースを「借地権の相続」といいます。

代襲相続(だいしゅうそうぞく)ってなに?

相続

被相続人の子は、相続人となります。ところが、被相続人の子が、被相続人よりも先に亡くなっていることがあります。この場合、その亡くなっている相続人の子(=被相続人の孫)が相続人となります。これを代襲相続(だいしゅうそうぞく)といいます。

相続人の中に行方不明者がいる

相続

遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があります。相続人中に行方不明者がいる場合も、その者を除外するわけにはいきません。このような場合、「不在者財産管理人の選任」または「失踪宣告」のいずれかの方法で解決を図ることになります。

ページの先頭へ