「相続」の記事一覧(2 / 3ページ目)

遺留分ってなに?

相続

遺言書を作るときも、自分が相続人になったときも、必ず知っておくべき「遺留分」。知らないと、思わぬトラブルや損失につながりかねません。

死因贈与契約と遺言

相続 遺言

死因贈与契約は、遺言と類似している制度ですが、遺言とは異なる特徴があります。死因贈与と遺言、どちらを選択すべきかはそれぞれのメリット・デメリットを考慮し、状況に応じて決めていけばよろしいかと思います。

おひとりさまと相続

相続 遺言

おひとりさまが最期を迎えたとき、その財産の行方はどうなるのでしょうか。国にとられる?親戚が相続する?お世話になった人にあげることはできないの?世の中の役に立つような形の寄附は?せっかく残した財産です。お気持ちは人それぞれだとは思いますが、できるだけ自分の望むような形を実現したいですよね。

相続登記に期限はある?放置した場合の7つのリスク

相続

相続登記をするかしないかは相続人の任意となっています。ただし、「義務ではないのだから、相続登記は当分しなくてもいいのだな」と簡単に考えてしまうのは危険です。相続登記を放置したまま何代も相続が繰り返された結果、子や孫の代に大変な負担がかかってくるケースもあるのです。

相続した不動産を調べる4つの方法

相続

「被相続人は、どこにどんな不動産を所有していたか?」被相続人が遺言書や財産の目録などを残してくれていればいいのですが、なんの手掛かりも残っていないということも多々あります。

相続人の調べ方(戸籍の集め方)②

相続

戸籍を追いかけていくと、上の世代、そのまた上の世代と、どんどんさかのぼっていくことができます。昔の戸籍がどこまで保存されているかは場所によって異なりますが、たいがい明治初期に編製された戸籍くらいまではさかのぼることができます。

相続人の調べ方(戸籍の集め方)①

相続

相続手続きにあたっては多くの場合、まず相続人を調べる(=戸籍を集める)という作業から入っていきます。しかし「相続人を調べるといっても、具体的に何をすればよいかわからない」という方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ページの先頭へ