この子には財産を相続させたくない(相続人の廃除)

「親としての愛想もつきた。この子には何も相続させたくない。」このようなときには、相続人の廃除(はいじょ)という制度を検討しましょう。