被相続人の子は、相続人となります。

ところが、被相続人の子が、被相続人よりも先に亡くなっていることがあります。

この場合、その亡くなっている相続人の子(=被相続人の孫)が相続人となります。

これを代襲相続(だいしゅうそうぞく)といいます。

図にすると以下の通りです。

 

子Cが被相続人Aよりも先に死亡しているため、Cの子Dが、Cを代襲して被相続人Aの相続人となります

つまり被相続人Aの相続人は、

・妻B

・孫D

の2名ということになります。

今回の記事では、このような代襲相続について詳しくご説明いたします。

代襲相続とは

「誰が相続人になるのか?」は民法で定められており、これを法定相続人といいます。

法定相続人は、被相続人の配偶者と、下記の順位に従った被相続人の血族のことを言います。

以下の通りです。

法定相続人

〈常に相続人〉 

配偶者

〈血族相続人〉

第1順位 子(※1 子が先または同時に死亡しているときは孫) 

第2順位 父母

第3順位 兄弟姉妹(※2 兄弟姉妹が先または同時に死亡しているときは甥姪)

代襲相続とは、※1※2の部分のことをいいます。

子が先または同時に死亡しているとき

被相続人の子が、相続の開始以前(同時死亡を含む)に

 

・死亡したとき

・相続人の欠格事由(けっかくじゆう)に該当し、相続権を失ったとき

・廃除によって相続権を失ったとき

 

上記3つのどれかに当てはまった場合、被相続人の子の子(被相続人の孫)がこれを代襲して相続人となります。

自分に不利な遺言書をこっそり破り捨てたら?(相続欠格)

この子には財産を相続させたくない(相続人の廃除)

被相続人の孫についても上記3つのどれかに当てはまった場合は、被相続人の孫の子(被相続人のひ孫)がこれを代襲して相続人となります(再代襲といいます)。

被相続人の直系卑属である限り、下へ下へと代襲は続いていきます。

直系卑属とは

被相続人からみて直接に血のつながりのある下の世代のことです。子、孫などのほか、養子も含まれます。

兄弟姉妹が先または同時に死亡しているとき

被相続人に子や親がいない場合は、兄弟姉妹が相続人になります。

このとき、兄弟姉妹が相続の開始以前(同時死亡を含む)に

 

・死亡したとき

・相続人の欠格事由(けっかくじゆう)に該当し、相続権を失ったとき

・廃除によって相続権を失ったとき

 

上記3つのどれかに当てはまった場合、被相続人の兄弟姉妹の子(被相続人の甥姪)がこれを代襲して相続人となります。

兄弟姉妹の代襲については甥姪までとなり、再代襲はありません。

相続放棄に、代襲相続は起こらない

代襲相続は、死亡・相続欠格・廃除によって起こりますが、相続放棄の場合は起こりません。

相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす(民法第939条)

とされているおり、本来は相続人であった者に代わって相続するという代襲の原因にはあたらないためです。