こんにちは、相続に強い柏の司法書士です。

司法書士の仕事をしていますと、さまざまな相続の事例に出会います。

なかには、不幸にもご家族を残して早くにお亡くなりになる方もいらっしゃいます。相続人の中に未成年者がいるということも珍しくありません。

故人やご遺族のお気持ちをお察ししますと、胸を締め付けられるような思いを抱くこともあります。法律の専門家としての矜持を奮い立たせ、職務をしっかりと果たすのだという強い気持ちをもって業務に臨んでおります。

今回の記事では「相続人に未成年者がいる場合の遺産分割協議」についてお話していきたいと思います。

前提知識:未成年者は、原則単独で法律行為をすることができません

未成年者に不利益が生じるおそれのないような一部の例外を除き、未成年者は法定代理人(一般的には親権者)の同意なくして契約などの法律行為をすることができません

これは、まだ物事を判断する能力が十分ではない未成年者を保護するための規定です。

例えば、未成年者が単独でアパートを借りることはできませんし、住宅ローンを組むこともできません。これらは全て法律行為であり、親権者の同意が必要です。

このことを前提知識としておさえたうえで、遺産分割協議について検討していきます。

親権者が問題なく未成年者を代理できるケース

遺産分割協議書にハンコを押すことは法律行為であり、未成年者が行うには、親権者の同意を要します。実際のところは、同意を与えるというよりも、親権者が未成年者の代わりにハンコを押すということになります。

ただし、親権者が未成年者の代わりにハンコを押すことができるのは、「未成年者は相続人だが、親権者は相続人ではない」(=未成年者と親権者の利害が対立していない)ケースの遺産分割協議に限ります

例えば、次のようなケースです。

 

〈事例1〉未成年者は相続人だが、親権者は相続人ではない

・被相続人 A (妻Bは先に死亡)

・Aの子どもは長男C・二男Dの2人だったが、二男DはAよりも先に死亡

 

 

 

この場合、被相続人Aの相続人は、長男C孫Fになります。

Dの妻Eは、被相続人Aの相続人ではありません。

このときは、被相続人Aの遺産分割協議にあたり、孫DについてはEが親権者として代わりにハンコを押す、というやり方で問題ありません。

Eは遺産分割協議の当事者ではないため、孫Dとの間で利害の対立が生じておらず、未成年者である孫Dの保護はなされていると考えられるからです。

遺産分割協議は、長男Cと、(Fの親権者)Eとで行います。

親権者と未成年の子の利害の対立(利益相反)

遺産分割協議において、「親権者」と「未成年の子」のいずれもが相続人という立場にたつことがあります。

このとき、親権者は未成年者の代わりにハンコを押すことはできません

親権者と未成年者の利害が対立しており(=親権者が未成年者の利益を犠牲にして自らの利益を図る可能性を排除できない)、未成年者の利益の保護が十分とは言えないからです。この状況を利益相反といいます。

例えば、次のようなケースです。

 

〈事例2〉「親権者」と「未成年の子」のいずれもが相続人

・被相続人は A

・Aには 妻B と 長女C がいる

 

 

 

この場合、相続人は妻B長女Cの二人になります。

遺産分割協議は相続人全員で行う必要がありますが、長女Cは未成年者ですので単独でハンコを押すことができません

かといって、親権者として妻Bが長女Cの代わりにハンコを押すこともできないのです。これは、妻Bが長女Cの取り分を少なくして自分の取り分を多く確保した遺産分割協議を成立させてしまう可能性を排除できないためです。

このケースでは、相続人ではない立場の者を未成年者の代理人として立てなければなりません。これを特別代理人といい、家庭裁判所に申し立てて選任してもらいます。

特別代理人は、相続人ではない親族を候補者にして申し立てするケースが一般的です。上記〈事例2〉でいえば、例えばAの弟D(未成年者の叔父)が適当といえます。

特別代理人は、未成年者の利益を保護する形で、家庭裁判所で決められた事柄(遺産分割協議)について未成年者を代理します。決められた事柄が終われば、特別代理人の職務は終了となります。

未成年者のいる相続手続きは、司法書士にご相談を

今回は典型的なケースを例に挙げてご説明させていただきました。

特別代理人の選任要否について検討を要するケースは他にも多々あります。

また実務上、家庭裁判所に特別代理人の選任申し立てをするにあたっては、事前に未成年者の利益(法律で決められた相続分程度の取り分)を確保した遺産分割協議案をまとめる必要があります。

相続の手続きは判断が難しいケースもあります。迷われましたら司法書士のような専門家にご相談いただくことをお勧めいたします。