代襲相続(だいしゅうそうぞく)ってなに?

相続

被相続人の子は、相続人となります。ところが、被相続人の子が、被相続人よりも先に亡くなっていることがあります。この場合、その亡くなっている相続人の子(=被相続人の孫)が相続人となります。これを代襲相続(だいしゅうそうぞく)といいます。

相続人の中に行方不明者がいる

相続

遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があります。相続人中に行方不明者がいる場合も、その者を除外するわけにはいきません。このような場合、「不在者財産管理人の選任」または「失踪宣告」のいずれかの方法で解決を図ることになります。

遺留分ってなに?

相続

遺言書を作るときも、自分が相続人になったときも、必ず知っておくべき「遺留分」。知らないと、思わぬトラブルや損失につながりかねません。

ページの先頭へ