こんにちは、相続に強い柏の司法書士です。

 

遺言書で財産を受け取ることになっていた人が、遺言者よりも先に死亡してしまうケースがあります。

 

この場合、先に死亡した人が受け取るはずであった財産は、どのように扱われるのでしょうか?

 

結論を申し上げますと、その財産に関する部分については、遺言書は効力を生じません(遺言書そのものが無効になるわけではなく、あくまでも該当する部分のみが無効になるということです)。 

 

その財産に関しては遺言書を書いていなかったのと同じことになりますので、別途相続人全員で遺産分割協議を行う必要があります。

 

例えば次のようなケースで考えてみましょう。

 

・遺言者 A

・相続人は長男C, 長女Dの2名

(※長男Cと長女Dは仲が良くない)

(※遺言書作成後、妻B はAよりも先に死亡)

 

遺言書

第1条 預貯金は全て妻B に相続させる

第2条 不動産は全て長男C に相続させる

第3条 有価証券は全て長女D に相続させる

 

令和元年○月○日

千葉県柏市~ A 

このケースで、妻B が遺言者Aよりも先に死亡してしまった場合、遺言書第1条に関しては効力が生じないということになります。

 

結果的に第1条に記載の「預貯金」は遺言書から漏れてしまいますので、長男C長女Dで遺産分割協議を行い、どのように相続するかを決めなければなりません

 

しかし、長男Cと長女Dの仲が良くないのを見越して、相続人同士の争いを回避するために遺言書を作ったのに、結局遺産分割協議が必要なのでは元も子もありません。

 

このような事態を避けるために、「予備的遺言(補充遺言)」を残しておく、という方法があります。

予備的遺言(補充遺言)で、財産の行き先を指定する

予備的遺言とは、財産を受け取ってほしい人が自分より先に死亡してしまった場合を想定して、あらかじめ遺言書で次の受取人を指定しておくことを言います。

 

先程の例であれば、第一条を次のように書いておきます。

 

第一条 預貯金は妻Bに相続させる。
ただし妻Bが遺言者より先に死亡した場合は、長男C長女Dに等分の割合で相続させる。

 

「ただし〜」以下の部分が予備的遺言になります。このようにひと工夫加えておくことで、より確実に遺言者の意思を実現することが可能になります。

 

  1. 財産を渡したい相手が高齢である場合
  2. 相続人がおらず、知人などに財産を残したい場合

 

このような場合は、特に予備的遺言を残しておくことが重要になります。遺言書を作成する際には、是非ご検討ください。