こんにちは、相続に強い柏の司法書士です。

 

亡くなった父親の遺言書をひとりで発見した。いけないと思いつつもついつい開けてしまったら・・・自分の取り分が他の兄弟よりも少ない!

 

そんなときは、遺言書を破り捨てたくなるかもしれません。

 

が、それをやってしまうと相続人の資格をはく奪され、遺言書で相続することになっていた財産を相続する権利すら失うことになります。

 

これを相続欠格(そうぞくけっかく)といいます。

相続欠格とは

相続は、「争族」と当て字されることからもわかるとおり、争いの元になるという側面は否定できません。

財産が絡むと人が変わったり、直接の当事者ではない人間の思惑が絡んだりと、ときには犯罪を犯してまで自分に有利な相続をしようと考えてしまう人もいるのです。

このような事態を未然に防ぐために「相続欠格」という制度が法律で定められています。

相続人のうちに一定の事由(欠格事由)に該当する非行者がいた場合、その者の相続権ははく奪されることになっています。

一定の事由とは、以下の通りです。

 

民法第891条(相続人の欠格事由)

次に掲げる者は、相続人となることができない。

1.故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者

2.被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。

3.詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者

4.詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者

5.相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

 

条文の表現は少し難しいですが、つまり

 

・被相続人や相続人の生命を脅かした者

・遺言書について不当な干渉を行った者

 

について欠格事由が定められていると言えます。

欠格者の子は、代襲相続人となりうる

相続欠格に該当した者は当然に相続権を失いますが、これはあくまでも欠格者についてのみ生じる効果です。

したがって欠格者の子は、代襲相続人となりえます。

 

代襲相続とは、被相続人の子もしくは兄弟姉妹が、相続の開始以前(同時死亡を含む)に

 

・死亡した

・相続人の欠格事由(けっかくじゆう)に該当し、相続権を失った

・廃除によって相続権を失った

 

上記3つのどれかに当てはまった場合に、その者の子がこれを代襲して相続人となる制度です。

くわしくは以下の記事をご覧ください。

代襲相続(だいしゅうそうぞく)ってなに?